新型コロナ、検査できない…。「検査不要!」と布教する医師たちの背景にある闇

新型コロナウイルス(COVID-19)の検査を受けられない「検査難民」が日本で増え続けている。

もちろん「漠然と心配だから検査して欲しい」という希望者などではなく、肺炎を発症していて医師が必要と判断しているのに検査が許されず、重症化しているケースが多いらしい。

発熱が続いている妊婦ですら検査が許されることはほとんどないという。
二十代の若者も検査拒否され、病院をたらい回しにされたあげく重症化しているケースの報道は毎日のように聞く。

【例】
 ・武漢住民と接触してもコロナ検査受けられず重症化した20代など(2月末)

 ・病院たらいまわしでコロナ検査受けられず重症化した二十代女性。自宅待機求め、家族にも感染させたケース(2月末)

 ・20代男性、政府の“検査放置”で肺炎のほかに髄膜炎を発症、意識混濁の重体に(3月)

このほか、#たらい回し で最新情報が見られる。

見かねた安倍首相が騒いだおかげでようやく先週からPCR検査の健康保険適用が始まったが、未だに厚労省が管轄する「帰国者・接触者相談センター」が検査の可否を判断している。
つまり、権力が国民を殺すか生かすかという命の取捨選択をしているのだ。
ちなみに、概ね「殺す」判断になることだろう。※

※本日現在も重症者しか検査を受け付けない体制であるらしい。
なお厚労省の「重症者」定義とは
 ・ICU(集中治療室)に入っている患者
 ・自発呼吸できず、器官切開のうえ人工呼吸器をつけている患者
のこと。
これは通常、「重症者」ではなく「重体者」の定義。つまり死の一歩手前とならなければPCR検査が受けられないことになる。
この段階で始めて診断確定し、投薬などの治療が行われたとしても完全に手遅れであろうことは素人でも分かる。もはや未必の故意の殺人。



>これ、国による殺人未遂だろ。

その通り、これは国家による殺人だ。
日本では今まさに想像を絶する大量殺戮の犯罪が行われている。

今日もSNS上では政府信者のネトサポが
「日本政府のコロナ抑え込みはうまく行っている! 検査不要!」
と絶賛しているし、テレビメディアにも政府御用医者が出て堂々と
「新型コロナウイルスの検査は精度が低いのでリスクが高い。検査なんか、全く必要ではありません。検査してはいけません。自宅で寝ていてください」
という大嘘をばらまいている。

SNSに蠱くネトサポは記録しきれない(前記事で少しだけメモした)ので、テレビや雑誌の有名メディアに出ている御用医師をここにメモしておこう。


マスク不要論、クルーズ船炎上医師


【前に言及した記事】 岩田健太郎医師の手法に見る、正義を乗っ取る方法

この方は中国・北京で勤務していた筋金入りの中共シンパ。
左翼思想であるため、ほぼ共産党員と呼んで良いのでは。(日本における共産系の政党員かもしれない)

新型コロナウイルスが流行しだしたとき、彼はテレビメディアに出演し
「マスク不要!」
「コロナ安心安全」
との過剰な楽観論をばらまいて日本における感染拡大に助力した。
この人の言葉を信じてマスク無しで満員電車で通勤し、手洗いもせず普通に過ごして、今コロナに罹り苦しんでいる日本人は多いのではないかと思う。

ところがこの人がある日、突如クルーズ船に乗り込み
「日本政府の感染対策は酷い!」
などと正反対の主張へ転向。

岩田氏は中共御用医師でありながら、中共の戦略に背いて日本左翼と組み日本政府を攻撃したことで180度の転向を見せたのが過ち(?確信犯)だったと言える。
日本政府を責めたために一般ネトウヨの怒りを買い、「このパヨクめ!」と呼ばれて炎上している。

ま、岩田氏は(クルーズ船乗船の直前に左翼政治家と会って)日本左翼に協力したほうが得だと判断したのだろう。
いずれにしても何らかの団体の命令で動いているだけだとすれば、炎上しても岩田氏自身は痛くも痒くもない。

いっぽうネトウヨたちの怒りも
「完璧であらせられる我が日本政府様に噛み付いたこと」
だけにあって、もっと根本的な「日本人の命を危険にさらした」という殺人罪に対してでは全くない。
ネトウヨは同じ日本人である隣人の命などゴミ同然と思っている。
政府に尻尾を振って自分だけ利益が得られればそれでいい、との考えで「政府バンザイ!」と叫ぶロボット。政府から命じられれば、平気で隣人を殺すだろう。もはや精神から人でなしの中共そのものだ。


「検査はリスクが高いからしちゃダメ!」と布教する匿名医師


「検査不要」どころか、「検査はリスクが高いからしてはいけない」と布教活動しているのは名取医師。
親中左翼サイトHatenaにて運営会社の支援を得て注目されていることからも、中共政府がこの説を布教している黒幕だということが推測される。

【詳細】 重症の肺炎患者でもコロナ検査必要なし、と布教する医師


林修『今でしょ!講座』(テレビ朝日)で検査不要を布教した“感染症権威”


有名バラエティ番組『今でしょ!講座』で、“感染症権威”として紹介された堀賢教授が布教したのは「検査不要」「新型コロナ安心安全」教だった。
内容から明らかに台本通り喋っている政府御用医師なのだが、お茶の間の奥さん方や年配の方々は「権威の素晴らしい人が仰ることだから」と言って鵜呑みにしてしまうと思われる。

詳細はこちら。
価格com テレビ紹介情報より(改行は当ブログによる):
堀賢教授は日本の医療技術があれば新型コロナは底まで怖がらなくていいという。
世界的に流行しているかぜのようなもの。
インフルエンザは日本だと年間1万人くらいが亡くなっている。
発展途上国で流行すると多くの方が亡くなる可能性がある。
医療インフラの違いによって救命率に差が出ると言われている。
コロナウイルスに感染したからと言って絶対に肺炎になるわけではない。
約8割が軽症で入院する必要のある人は2割ほど。
軽症は家で安静にしてるだけで治ってしまうということ。
20%のなかでも多くの人は回復している。高齢者、基礎疾患のある方が重症・重篤になりやすい。
全員が検査を受けると普段行かないような人たちが集まってくる。
待合時間もながくなり感染者が居たら移ってしまう。
そのため重症者、またはその予備軍の方々を中心に検査をしたほうがいい。

>全員が検査を受けると普段行かないような人たちが集まってくる

よく見かける主張。
何故、「全員検査」を前提として必要な人まで検査を受けさせないよう妨害するのか? 理屈が通らない。

日本では誰一人「全員検査しろ」と叫んでいる人など見かけないが、
「検査を希望する人は全員検査を主張しているのだ」
との勝手な決めつけで検査不要教を布教している教祖たち。

 否定したい相手を100%の極論者に仕立てあげる → 二元論で攻撃して叩き潰す

これは共産主義者がよくやる、共産思想では伝統的に用いられる反転技法である。
(ちなみに検査不要教を布教している教祖たちは、全員がこの台本に従って同じ技法で検査を否定している。明らかに中共制作による台本)

>約8割が軽症で入院する必要のある人は2割ほど。
>軽症は家で安静にしてるだけで治ってしまうということ。

そもそも検査しなければ軽症者かどうかの判別もできない。
感染している自覚すらない人が家で安静にするか? そんなわけがない。動ければ普通に会社へ行き、電車に乗り、人と会うだろう。そうして日本で感染爆発が起きている現実がある。
完全なる矛盾。
WHO曰く「コントロールできるパンデミック」と同じで、言葉としても意味が通っていない。

>そのため重症者、またはその予備軍の方々を中心に検査をしたほうがいい

「重症者」の定義は死にかけ一歩手前。手遅れになってからの検査で何の意味があるのだか。
喜ぶのは中共だけ、「日本人がたくさん死んで良かった! バンザイ!」。
中共戦略による中共のための作戦でしかない。


「検査不要」教の聖書はBuzzFeedの感染症専門家記事


この「検査不要」教を布教しているのは、どうやら『BuzzFeed』によく登場する「感染症専門家」たちであるようだ。
(上に挙げた岩田健太郎医師も頻繁にBuzzFeedで取り上げられている)

なお、これら記事をまとめているのは『捏造!隠ぺい! ヨミドクター編集長の取材記事』などで言及されている岩永直子氏。
「記事捏造が仕事」という話が真実かどうかは不明なのだが、他人が命を失おうが苦しもうが一切関心のない方のようである。

見本。坂本史衣看護師の「検査不要」説法(堀教授と内容同じであるため割愛):
『新型コロナ、なぜ希望者全員に検査をしないの?  感染管理の専門家に聞きました』sakamoto.png


他、ワイドショーなどで「検査不要」教を布教している村中璃子医師もBuzzFeedでよく執筆されているらしい。ご主張の内容は堀教授と同じ。(やはり台本がある?)
彼女は下記事によれば、薬害という噂のある(あくまでも噂)子宮頸がんワクチンの件で訴訟問題を起こしている。

muranakariko.png
※画像はこちらから引用 https://www.buzzfeed.com/jp/naokoiwanaga/hpvv-muranaka-haiso2


なお、前にも書いた通りBuzzFeed日本版は左翼雑誌として有名
昨今は日本政府との関係も深いようだ。

buzzfeed.pnghttps://www.buzzfeed.com/jp/naokoiwanaga/jsog-youbousho?origin=btm-fdより


必ずしも子宮頸がんワクチン推奨派=検査不要教教祖 というわけではないのだが、今「検査不要」と叫んでいる人たちが日本政府と深い繋がりを持つことは確かであるらしい。

利権? にしては度を越している


新型コロナの異常な検査拒否に関しては、よく
「ワクチン利権」
「国立感染研究所のデータ独占欲」
などという陰謀が取りざたされるのだが、利権や独占欲(プライド)でここまでの殺戮を行えるものだろうか?

薬害エイズ事件のときにそうだったように、日本国には
「自分の利益のためなら自国民が死んでも構わない」
と思っている権力者たちが存在する。
しかし、それは「死んでも構わない」と思っているだけであり(もちろんそれでも許し難い犯罪だが)、積極的に殺すことを目的としているわけではない。

ただ今回の新型コロナウイルスの検査拒否に関しては、どうも
積極的に・できるだけ多くの日本人を殺す

という目的が見えて仕方がない。

ただ欧米諸国などに殺戮計画がバレては元も子も無いので、なるべく表には分かりづらいように偽装しているだけ。
その偽装工作が
「検査不要教」あるいは
「検査はリスクあるからやめろ教」
だろう。

これは(一般的な民主主義国である)日本流の巧妙な悪事ではない。
まるで共産国のような、雑過ぎる偽装工作。
現代で言うなら中国共産党のやり方そっくりだ。

あたかも香港人やウイグル人・法輪功の信者たちへ行った大量殺戮のように、昼日中に堂々と殺人をやりながら表向きは言い訳が立つように偽装している。
誰がどう見ても丸分かりの嘘で偽装しているのだが、嘘を嘘と言えば逆切れして攻撃してくるために外国も責めることができず、見て見ぬ振りをするしかない。

白日のもと堂々と行われるレイプや殺人、拉致に拷問。
それほどまでの悪を善と言い換える信じがたい嘘。
権力による殺人が賛美される異常な世界。

察しの良い人だけが気付いていることだろうが、これは中国共産党政府による殺戮行為だ。
日本を攻め墜とすための前段階としての謀略である。

今の日本政府は中共の内通者に乗っ取られている。
ウイグル人の臓器を買った大物与党の政治家によって日本政府は中共へ売り渡された。
(安倍首相はおそらく、そのことにはっきりと気付いていない。何か変だと焦っているようだが)

今SNS上で日本政府・厚労省の殺戮行為を褒め称えているネトサポたちも全員、金で雇われた中共の犬。
もはやネトサポ(愚かなネトウヨ含む)は「五毛党」と呼んだほうが正確だ。

関連記事